匂いのある水虫はエクシブでケアしてみよう

水虫になってしまうと猛烈な痒みに襲われるだけでなく、足の匂いがきつくなるというイメージがあります。
実際、患者の多くは匂いがきつくなったと感じるようです。
水虫イコール足が匂うと思われがちですが、実は水虫が原因ではないと言われています。

水虫は白癬菌というカビの1種によって引き起こされる、皮膚感染症の1つです。
白癬菌は皮膚の角質層に感染し増殖します。
発症すると皮膚がめくれる、ジュクジュクとただれる、小さな水泡ができるといった症状が現れます。
匂いが強くなるのも水虫を発症した方に、多く見られる症状です。

ですが、白癬菌によって匂いがきつくなるのではありません。
他の雑菌が増殖する事によって強くなるのです。
白癬菌は温度と湿度が高い場所を好みます。
お風呂場にカビが生えやすいのも、このためです。

白癬菌が活動しやすい環境は、他の雑菌にとっても活動や繁殖しやすい場所と言えるでしょう。
水虫患者の足の裏や指の間は、雑菌が増えやすく、これによって匂いがきつくなるのです。

白癬菌は自然と死滅するという事はなく、対処を行わないといつまでも増殖を続け症状は悪化します。
ドラッグストアには市販の水虫薬も数多く販売しているので、まずは市販薬でケアしてみましょう。

市販薬の中でも特に人気となっているのが「エクシブ」シリーズです。
エクシブシリーズにはスプレータイプとクリームタイプ、液タイプとがあります。
症状や患部によってテクスチャーを変えられる事から、使いやすいとして評判です。

エクシブシリーズに含まれている「テルビナフィン塩酸塩」という、抗真菌薬によって白癬菌を除菌していきます。
1日1回の使用で白癬菌に効果があるので、忙しい方もケアしやすいでしょう。