水虫は原液で使用しないという指示

よく耳にすることとして、水虫により足が臭くなるということです。
しかし、実際は水虫と足の臭いは全く関係性がありません。
水虫に陥り、臭いが生じてしまうことを恐れ、薬剤を原液のまま塗布する方がいます。
薬剤は、薄めて使用することを前提として製作されているので、原液のまま塗布してしまうと、炎症が生じ逆効果になる恐れがあります。
医者が指示するアドバイスとしても、薬剤は用法用量を厳守し、原液のまま使用しないようにしなければならないと決められています。
そして、医師が指示する事として、水虫と足の臭いは関係性が無いということも挙げられます。
ただし、体臭も白癬菌も高温多湿の環境で働きが強くなるという特徴があります。
つまり、水虫が起因となり、体臭が強くなったのではなく、体臭が生じる環境下に身を置いていたことで、水虫になったという考え方が正しいのです。
実は、菌自体は無臭であるとされています。
あまり知られていない事として、足裏は発汗作用が高いという特徴があります。
その理由は、一年中靴下や靴により、皮膚が覆われているためです。
覆われることで、靴の内部の湿度が高くなり、菌が繁殖しやすい環境が出来上がるのです。
こうした点から、医療機関が指示しているのは、汗をかいたことで香りが気になり始めたら、水虫に陥る可能性が高まっていることを意識すべきという事です。
足の裏は、全身の皮膚の中で、最も皮膚が硬いです。
そのため、白癬菌が付きやすい上に、長期間付着し続けてしまいます。
しかも、剥がれた角質には白癬菌が付着しているので、他人が落ちた角質を踏んだ場合、あっという間に水虫になってしまうのです。
医療機関は、周りに伝染させないことも大事な努めであると、指示しています。