白癬菌で起こる水虫~発症しやすい時期とは?~

水虫は白癬菌という、カビの一種に感染する事で発症します。
白癬菌は皮膚に含まれる「ケラチン」というタンパク質を溶かして、エサとする事で繁殖しているのが特徴です。
水虫と聞くと足の裏や指の間に起こるイメージが強いですが、皮膚がある場所であれば、どこでも発症するのです。

しかし、白癬菌を皮膚に付着しやすいという事もあり、約7割は足に発症します。
水虫が発症しやすい時期ですが、タイプによって異なります。

梅雨や夏の時期に発症しやすいと言われているのが、小水疱型と趾間型です。
小水疱型は足の側面や土踏まずとった部位に、症状が現れる水虫のタイプで小さな赤い水疱ができます。
かなり強い痒みを伴う為、搔き毟ってしまうケースも少なくありません。
搔き毟ると傷ができ、そこから雑菌が入り込む事で2次感染を引き起こしてしまうので注意が必要です。

もう1つの趾間型は指と指の間に、症状が起こるタイプです。
ジュクジュクと皮膚がめくれる、痒みを伴う、足の臭いがきつくなるといった症状が現れます。
皮膚と皮膚が密着しやすいという事もあり、薬指と小指の間に発症しやすいようです。

この2つのタイプは多くの方がご存じの、水虫の症状だと思います。
実は、このような症状が一切でない水虫も存在しています。
そのタイプとは角質増殖型です。
角質増殖型は、かかとの角質が厚くなる、ひび割れるといった症状しか現れません。
ですので水虫と気づかず、そのまま放置してしまいがちです。

角質増殖型は他のタイプとは違い、冬の乾燥する時期に発症したり症状が強く出るという事も、水虫と気づかない原因と言われています。

このように、様々な症状を引き起こす皮膚感染症ですので、変だなと感じたらまずは病院で白癬菌に感染していないかどうか、検査してみましょう。